Menu

その他の業務について

Home

風俗営業許可申請

風俗営業とは、客にダンス、飲食、遊興をさせて接待をする営業や設備を設けて客に射幸心をそそるおそれのある遊技をさせる営業等のことをいいます。例としては、ショーパブ・キャバクラ・スナック・ホストクラブ・麻雀店・パチンコ店・ゲームセンター等がこれに該当します。

風俗営業を営もうとする場合は、風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(通称「風営法」もしくは「風適法」)の規定により、その営業所(お店)ごとに、当該営業所の所在地を管轄する警察署を窓口として、各都道府県公安委員会に営業許可申請を行い、『許可』を受けなければなりません。(風営法第3条)
『許可』を受けずに風俗営業を営んだ場合には、2年以下の懲役若しくは200万円以下の罰金、又はこれが併科されます。
また、風営法第1条により法の目的は次のように定められています。
 目的1:善良の風俗の保持
 目的2:清浄な風俗環境の保持
 目的3:少年の健全育成に障害を及ぼす行為の防止
なお、風俗営業の許可には有効期間というものはありません。よって、更新の手続きもありません。
※当事務所では、風俗営業許可申請のみならず、性風俗関連特殊営業(ラブホテル、レンタルルーム、デリヘル等)の営業開始手続き及び各種変更の手続き等についても取り扱っておりますのでお気軽にご相談下さい

株式会社、合同会社法人設立

noimage

電子定款対応で印紙代不要
法人設立の時に必ず必要となる定款(会社の基本的事項)を電子定款にて作成致します。
電子定款にすることで本来なら必要となる認証時の印紙代4万円が不要となります。
当事務所では電子定款に対応しているため印紙代が不要です。
更に、創業融資支援などのサポートも受けられこれから事業を始められる予定の方、新しく法人設立をお考えの方は是非、一度お問い合わせください。 相談無料で今後の皆様の事業をサポート致します。

農地転用許可について

noimage

農地転用許可申請について詳しく知りたい
そもそも何故、自分の土地なのに許可が必要なの?
どういうときに許可申請できるの?
申請すれば確実に許可がでるの?など
日髙行政書士事務所では一つ、一つの問い合わせに
丁寧にお答え致しております。
詳しく知りたい方はお気軽にお問い合わせください。